読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトル希望

会社を辞めたゆとり男子が、無職でも楽しく生きる方法を考えるブログ。前向きに「生き方」「働き方」を考え、独立か再就職を目指します。

無職生活2か月体験して感じたこと

スポンサーリンク

f:id:yusuke11152:20170427094510j:plain

こんにちは、生き方と働き方を真剣に考えているゆーすけです。

久々の投稿です。無職生活2か月体験して感じたことを今回シェアーさせて下さい。

 無職生活中に感じだこと

やりたいことが発見できた

これまで、無職生活をしてきて住まいも仕事もなくなりました。ただ、すべて捨てて感じたことは、「今まで自分は、見栄やプライドばかり先行して生きてきたこと」が分かりました。

仕事を辞めた最初の一ヵ月間は、「何が自分にあっているのか」「これからどう生きていこうか」考えていました。

フリーランス?最近、増えてきているけどパソコンが苦手。て言うかパソコンの前にずっと一人でいるのが苦痛。ちょっと厳しいな。

就職?前やってた仕事やろうかな。など考えていました。ただ、自分一人で考えていても何も解決しません。

僕はこのサイクルに陥って悩んでいました。

おそらく、このサイクルに陥る人はいると思います。これを脱却する方法としては、他人の力をかりることです。

もしあなたがやりたいことが分からなければ、素直に仲の良い友達や先輩や恋人に恥ずかしいかもしれないけど聞いてみて下さい。

もしかすると、「え?僕が?できないよ~」て思うことが見つかるかもしれません。

自分に会う仕事と考えると難しいくなってしまうので長所や短所など聞くと良いでしょう。

ちなみに参考までに僕が他人から言われたこと

  • 人と話す能力に優れている
  • 見栄っ張り
  • デスクワークはできなさそう
  • おせっかい
  • お調子者
  • 意外と相手に尽くす

などです。

そこから、自分がやりたいことやしたいことを考えて見ましょう

僕の場合これは絶対やりたかったことです。

  • 人と長く付き合える仕事
  • エンドユーザーと直接つながりが作れる仕事

こうやって掘り出したら見つかりました。

やりたいことを自己啓発書や職業適性検査や一人で考えてしまうと「う~んやっぱり違う」ってなってしまいがちです。

でもあなたが信頼している人や大好きな人や尊敬している人が言っていることは大抵あなたにだけアドバイスすることです。

もし、やりたいことや将来に不安を考えている人を他人の力をかりてみましょう。

まだ、無職ですが僕はやりたい方向性が見つかったので、それに向かって突き進んでみようと思います。

転職エージェントのアドバイスは鵜呑みにしてはいけません。

転職したい、就職したい思っていると思います。僕も転職サイトに登録してアドバイザーと面談を何回かしました。しかし、仕事は紹介してくれるのですがアドバイスは非常に薄っぺらいです。

それは、

あなたの生き方や環境を知らないからです。

相手も仕事です。毎月ノルマがあって求職者を内定させようとします。実際、僕は転職会社に興味があると言ったらいろいろ内情を教えてくれました。

話を戻しますね。要するに、転職アドバイザーは相談には乗るが人材を紹介するためにのっているだけであなたの中身や性格を知ったうえで話しているわけではありません。

なので、もしエージェントを使う場合は、この業界に興味があるから求人を紹介してほしいと行きたい業界を先に決めてから行くと良いでしょう。

転職したいなら仕事は絶対やめない

企業から、離職期間が長ければ長いだけ相手にされません。簡単に説明するとポケモンの毒の状態です。期間が長ければ長くなるほど職歴に傷がついてしまいます。まあ、起業する人には、関係の話ですが、会社勤めしたい人は、仕事を続けながら転職すると良いでしょう。

やりたいことをみつけて前向きに生きよう

もし、やりたいことがあるなら

素直に自分の信頼している人に長所や短所や性格など聞いてみましょう。

自分で自己啓発も大事ですがどうしても主観的啓発になってしまいます。他人に聞けば客観的にとらえることができるようになります。

まずは、そこから探してみて下さい。

以上、今日は終わり。頑張りましょうね。