読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトル希望

会社を辞めたゆとり男子が、小さな希望をもって無職でも楽しく生きる方法を考えるブログ。前向きに「生き方」「働き方」を考え、独立か再就職を目指します。

過酷な労働環境で仕事を3ヶ月して感じたこと

スポンサーリンク

f:id:yusuke11152:20170428223142j:plain

こんにちは、過酷な労働環境で3ヶ月働き抜いた管理人です。

ニートからとある紹介で入社した会社で3ヶ月経ちました。

とにかく、うつ病寸前で社会人復帰ができる状態からここまで立ち直ったのは奇跡に近いです。

 ただ、生活のために働いてる僕。この環境では一生働けないでしょう。

なので生きる手段は作っている段階です。会社の往復に頼りすぎたら、精神的にやられてしまうからです。

今回、過酷労働環境をすぐ辞めてしまう僕が耐え抜いたことについて書きます。

入社一週間で放置状態

 営業として中途入社した僕。労働環境はバリバリの営業主体の会社。基本給+インセンティブ&ノルマ。入社して先輩とかに教えてもらえるのかなっと思う安易な考えでいた。

でも、、、、、、、

リアル放置状態。

インセンティブでノルマ達成しないと上司から叱られる。プレッシャーかけられまくる。

先輩たちも自分のことでいっぱいいっぱいで教える暇すらない。これは、しょうがない。みんな必死に生活をかけて生きてるからだ。

入社した当初は、「どうして入社してしまったのだろう」と思って逃げ出したくなりました。

ただ、ニート生活経験がよかった。

ニート生活の毎日のつまらない日々、周りから煙たがれる日々、親や友達とも会いにくい日々。

「何してるの?」って聞かれることの怖さ。

これに比べれば給料があるだけで幸せだった。なので放置されてもぎりぎりメンタルたもてた。

入社一ヵ月目で早くも繁忙期+ノルマがやってきた

やべえぞ。仕事覚えてない。覚えることがたくさんある。客と話すときテンパってストレスマックス。この日々が毎日続き精神的にもやばくなった。

逃げたい。逃げたい。逃げたい。

ああ、いつもの逃げ癖だと思った。

精神的にやばくなり占師へも行った。

仕事が忙しすぎて、ニートから週六+12時間労働。これはかなりきつい。先輩怖えしノルマきついし、毎日叱られる。

僕は、とにかく叱られながら仕事がやめれないストレスと戦っていた。

 4月からブログを再開

 就職して仕事が激務過ぎて書けなかったブログ。ただ、ブログを再開したら精神的に安定してきた。

もちろん、自分のことについて書いたり、他の人のブログを読んだりして今まで仕事の往復だった僕が少しだけど自分の時間を確保できたからだ。

おそらく、自分の時間が少しでも確保できたことが精神の安定につながったのだ。

ブログを開始してから、ネタ作りを考えたり、好きなことを始めたり、趣味に時間を使えるようになった。

スポンサーリンク
 

逃げ道や趣味を作ったら楽になった

入社したときは、一生この会社で勤める。もう二度と辞めない的な覚悟で入社した。ただ、それが原因で「できなかったらどうしよ」「先輩に嫌われたらどうしよ」「体力もつかな」って不安がよぎって精神的に不安定になった。

何のために生きてるのだろう、、、、、、

会社行きたくない、、、、、、

こればかり思っていた。

ただ、逃げ道や仕事以外の時間を作ったら楽になった。

それは、副収入や趣味や大好きなカメラ触れる時間を作ったからすげえ毎日が楽しくなった。

明日にでも会社を辞めてやる準備をする

何かあったらすぐに会社を辞めてやる。こう思って仕事をしていたら案外3か月持った。ぶっちゃけ、今の会社の新入社員(営業)で残るのが約一割ぐらいらしい。残りは、労働環境やノルマに耐えれず転職か退職をしていくみたいだ。

それで、できる人間やメンタルが強いやつだけが残っていく。

ただ、僕は仕事もできないしメンタルも強くない。

なら、「明日にでも会社を辞めてやる準備をしよう」と考えたのである。

ぶっちゃけ、僕は一年契約で成績を見て本採用だから、まじで将来の事を考えて必死に生きてかなければ、また昔みたいに無収入ニートになってしまう。

なので、辞める準備をする。つまり、副収入ややりたいことをやって後悔しない人生を送ることだ。

そう感じるようになった。

時間の大切さを改めて知った

過酷労働環境で仕事をしていると好きでもなければ最強に苦痛の日々だ。今の僕がそれだ。

いつも時間がもったいない。自分の時間を確保しようと思っている。

自分の時間と他人の時間、あなたはどっちの時間が多いですか?

僕は、間違えなく他人の時間に縛られてると気付いた。

これでは、いけない。時間を大切にしようっと思い。

無駄にしないために明日生きてるかわからないから今日、今ある自分の時間を全力で楽しもうと思った。

そう考えるようになってから将来自分がやりたいこと(恥ずかしいから言わないが(笑))やって行こうと思った。そっちで生活ができるようになればシフトしよう。

こう思ったのである。

必死に生きてければきっと素晴らしい未来があり、日々学ぶことができる

僕はこう信じたい。無職になって何もない日々やだらだらした日々を経験して、無我夢中で必死に生きてるとふとした時に「やりたいこと」や「こうだったのか」と気づくことがたくさんある。

とにかく、前向きに楽しく生きよう。

あなたは、毎日楽しいですか?と聞かれて「はい」って言える?

僕はそんな人間になりたいな。